育毛剤ランキング男性

ツゲイン5%と10%の違い

ツゲイン5%と10%の違い

 

ツゲインを購入するときに迷うのは、やはり、ミノキシジルの量だと思います。

 

5%だとリアップと同じだし、10%だと効果がありそうで何となくそちらがいいような気がする。

 

実際にツゲイン5%と10%を見比べて見ましょう。

 

ツゲイン10%↓↓
ツゲイン10%

 

ツゲイン5%↓↓
ツゲイン5%

 

ボトルの色が違う以外は全て同じです。

 

ですが、実際に見てみますと、どちらのツゲインもボトルが茶色ですが、表面に粉が吹いたような感じになっていて、初めて見た人は汚れているのかと思います。

 

ですが、これはミノキシジルが常温では結晶化しやすい性質がありますので、どうしてもその結晶が粉のような感じでボトルに付着しています。

 

10%の方がミノキシジルが多い分、表面の付着物は多くなります。

 

液体の色ですが、5%は透明で、10%は黄色みがかっています。

 

使用感

 

実際に使用してみるとすぐに分かるのですが、ミノキシジル5%のツゲインは、頭皮に付けるとアルコール分を感じるため少し刺激がありますが、ミノキシジル10%のツゲインは、あまりアルコール分は感じなく何となくどちらかと言いますと、ドロットした感じがします。

 

10%のツゲインはもし使用するのでしたら、髪を短く切って短髪にしませんと、使用後、髪をジェルで固めたような感じになりますので、長髪では使用できません。

 

5%のツゲインはそのような事はなく、さらっとした髪のままでいる事ができます。

 

確かに10%の方が倍の効き目がある事は間違いないのですが、使用感に違いがある事を考えて購入して下さい。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ